木暮晋也生誕祭 Fifties

2016.12.29


初の生誕祭、実りあり過ぎる1日に。
ご来場の皆様誠にありがとうございました。
進行のあれこれをザーザズー敏腕スタッフの皆様が、
物販は鎌倉の人気店ディモンシュさんが、
木暮TEE製作は西千葉の名店cafeSTANDさんが、
ソロCDミックス&マスタリングは奈良の達人KC岩谷くんが
協力してくれました、感謝です!
そして出演の真城、中森、ベース隅倉くんの協力がなければ
こんなLIVEは出来なかったことでしょう。
あの温かい空間はこれまで体験した中でも特別なものでした。
お祝い的サムシングもいっぱい頂きました。
こうしてとびきりの50代を迎えられた訳ですから、今後より一層
ジャカジャーンして行く所存でございます。
今年は本当にお世話になりました。
来年もみなさんにとって良い年になりますように。





<<木暮晋也 生誕祭フィフティーズ>>
ザーザズー代々木 
2016.12.17
「ヒックスヴィル
1.フォレスト・グリーン     
2.今年のクリスマスソンング  
3.RIDER                                
4.ビデオテープ   
5.THINKING OF YOU    
6.I Need Love

7.皆既月蝕                      
8.グローリア     
9.くちづけキボンヌ        
10.天国まで                      
11.レトロピカーナ 


「木暮晋也BAND
1.BAD ll BAD
2.ミッドナイト・スウィング
3.MOON DRIVERS(ワウワウ・ヒッピーズ)
4.ON MY MIND(ロッテン・ハッツ)
5.逃亡者
6.青春群像
7.ロックポスター
8.フリーダムフリーダム!(トーテム・ロック)
en.
1.うまく言えない言葉  (木暮弾き語り)
2.ラジオ   
3.バイバイブルース 


IMG_2948





ROOTS 66



2016.4.13

丙午生まれのミュージシャンが集まり10年ぶりの開催となった
ROOTS 66が終わって10日ほど。
最終日の大阪城ホール楽屋でスカパラ谷中氏が66メンバー全員LINEグループで
つながろう!と提案。
そこから始まったやり取りが毎日200〜500件とか凄いことに 笑
楽しかったツアーの余韻未だ冷めず、不思議な一体感が継続しております。
同級生みんな愉快で楽しい人たちばかりだから読んでるだけでも面白いし
今回初めての方々の素顔も伺えたり。
ちょっとした時間にLINE覗くのが日課になりました。

http://roots66.jp


roots66kg
photo by 柴田恵理











ファンスト



2016.2.26


2.25は久しぶりのワンマンソロでした。
leteは気持ち良く歌えるいい場所だなと再認識。
僕にとって居心地いいホーム的な場所と言えます。
今回はレコードを出し、イベントっぽいムードに
なって面白かった。
レコード盤磨きやカード書きなど懐かしかったし
20代前半のバイト時代に覚えたこと、今でも
さらっと出来たのが自分でもびっくり。
でも当時はネットで調べたり出来なかったから
コメント1枚書くのもめちゃ大変だったんですよね。
アーティスト名の読み方とかよく間違えてたり…
また機会あればこの感じでやりたいです。
お越しの皆様ありがとうございました。






ソロlete


2016.2.20


昨夜は久しぶりにソロでライブ。
下北沢lete到着後すぐ店主マチノさんと
世間話に花が咲く。
珈琲の面白い
淹れ方や
部屋の中に住み着いてるダニの話とか..。
マチノさんの落ち着いたお人柄の為か
毎度ですが会えば友人と再会みたいな
嬉しい気分になるんです。
すると中村くんもやってきて
ようやくリハーサルして開演。
中村くんとも久しぶりな共演で
とても愉快な一夜に。
ご来場の皆様ありがとうございました。
彼のグループBANKの新作「True Tempo」いいですよ!
来週2.25は木暮ワンマンでたくさんやりますので何卒。











ダンヒックス


2016.2.7

ダンヒックスの訃報、とても残念です。
ずっと憧れの存在だったし、ヒックスヴィルのバンド名由来
(能地祐子さん提案)もここにある訳で。

僕らの世代ではトーマスドルビー「私がこわい」カバーで
うっかりダンヒックス曲を知ってしまった輩も多いはず。
マリアマルダーもカバーした「Walkin' One & Only」、
このワンアンドオンリーという言葉そのままな存在且つ
粋でユーモアある太々しいオヤジキャラな音楽家でありました。

89年初来日時の東京公演で一行の空港、ホテル↔︎LIVE会場間送迎、
物販の売り子などスタッフとして手伝いを
させていただいたのは良き思い出。
頼りない運転手で迷惑かけたかもだけど…。
その時はDan Hicks&Acoustic Warriorsとして
本人+ベース+ギター+バイオリン編成のライブ、
とにかく衝撃的な格好良さでした。
その数年後渋谷クアトロにてヒックスヴィルで
前座をやれたのも夢のようで幸せな体験でした。
そのライブも無論サイコーで。

またいつか会えると思っていたので
何とも言えない寂しさですね…。